ガーデニング

芝生の手入れ

芝刈りの方法

自宅の庭に芝生を張っている方は多いと思います。その様な方で、芝生の手入れや芝刈りの方法が分からず、困っている方もいらっしゃると思います。 そこで今回は、芝生の手入れの方法や芝刈りの方法などのことを書いてみたいと思います。 芝生の芝刈りの方法としては、鎌などを使用して地道に芝を刈る方法・手動や電動の芝刈り機を使用しての方法があります。 狭い範囲の作業ならば鎌での方法でも行えますが、広い範囲を刈る場合はとても大変で現実的ではないです。 ある程度の広い範囲を刈る場合は、ほとんどの方が芝刈り機を使用して行っています。 昔は、電動のものはとても高価なものしかなかったのですが、近年では電動のものでも価格が安いものも多くなっています。そのため、電動のものを使用して芝刈りを行う方が非常に多くなっています。

芝生の手入れ

芝生の手入れには、定期的な芝刈りをはじめとして、水やり・施肥などがあります。 芝生には日本芝と西洋芝という種類があるのですが、日本芝の場合は冬は芝生が伸びないので芝刈りを行う必用はありません。しかし、夏はとても伸びるのが早いので、こまめな芝刈りが必要となります。 西洋芝は、冬でも芝生が緩やかに伸びるので、少し伸びてきたと感じたら少し刈ってあげる必要があります。しかし、夏は日本芝ほどは頻繁に刈らなくても良いです。 水やりは、日本芝・西洋芝のどちらとも夏には頻繁に行う必要があります。 しかし、冬は西洋芝のみ少ない頻度で水をあげれば良いです。日本芝は冬は休眠しているので、水やりは必要が無いのです。 この様に、芝生の種類によって手入れの方法は変わりますので、自宅の庭の芝生の種類を把握して、適した手入れを行う必要があります。